/偽義経/ご来場のお客様へのお願い

『偽義経冥界歌』東京公演へご来場いただく皆様へのお願いです。
現在猛威を振るっているインフルエンザ、新型コロナウイルス、その他ウイルスの感染予防・拡散防止の為に以下のご協力をお願いいたします。

咳エチケットにご協力ください。
咳・くしゃみなどの症状のある方はマスクの着用をお願いいたします。

手・指の消毒のおすすめ
劇場内の入口、お化粧室内などに消毒液のご用意がありますので、お手洗いの際などにご使用ください。

カンパニースタッフも感染予防・拡散防止の為にマスクを着用させていただきます。

どうぞご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。


●令和元年度 今冬のインフルエンザ総合対策について/厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/

●新型コロナウイルス感染症について/厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html



/偽義経/オリジナルグッズをご紹介!(4/1更新)


『偽義経冥界歌』福岡公演(博多座)につきまして、この度の新型コロナウイルスの感染拡大状況や政府および地方自治体の方針等を鑑み、全公演を中止させて頂くことといたしました。
ご観劇を心待ちにしてくださっていた皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けい たしますこと、深くお詫び申し上げます。

『偽義経冥界歌』福岡公演中止のお知らせ
博多座公式サイト
公演公式サイト

なお現在、公演グッズのオンライン販売を実施中です。

詳しくは、 劇団☆新感線公式通販サイト「イーオシバイドットコム」のinformationをご参照ください。


『偽義経冥界歌』東京公演&福岡公演に向けて、新デザインの“Tシャツ”&“トートバッグ”が登場!
また新グッズとして“チケットファイル”もお目見えします!
加えて、公演パンフレットも新たに各インタビューを撮り直し!
戯曲本も今回の内容に合わせて加筆修正された《令和編》を販売です!

価格はすべて税込み
商品は数に限りがございますので、売り切れの場合がございます。ご了承下さい。



パンフレット 2020NEW!
美麗な写真が満載!読み応え十分な一冊です。
東京公演&福岡公演に向けて新たに各インタビューを撮り直しました!
2019年Ver.の公演パンフレットは販売いたしません。


戯曲 2020NEW!
台本を書籍化したものです。数量限定で、著者・中島かずきの直筆サイン入り!
東京公演&福岡公演に向けて加筆修正された《令和編》!
サイン入りは公演各地でご用意しますが、各地とも数が無くなり次第終了です。
2019年Ver.の戯曲本は販売いたしません。



Tシャツ 2020NEW!
メンズ(ユニセックス)、レディースの二種類!
東京公演&福岡公演に向けた新デザイン!
2019年Ver.のTシャツは販売いたしません。


トートバッグ 2020NEW!
東京公演&福岡公演に向けた新デザイン!
Tシャツと同じデザインですので、ぜひお揃いでどうぞ!
2019年Ver.のトートバッグは販売いたしません。


チケットファイル 2020NEW!
東京公演&福岡公演に向けた新グッズとしてチケットファイルが登場!
公演チケットをキレイに保存できるすぐれもの!


コンパクトミラー
メインビジュアルをあしらったコンパクトミラーは二面で使い勝手も抜群!


スマホリング
メインビジュアルをあしらったスマホリングは、落下防止や動画再生に役立ちます!


手ぬぐい
ロゴをちらしてかわいく仕上げた手ぬぐいは、てぬぐいとしてだけではなく、様々な使い方でどうぞ!


シュシュ
手ぬぐいを使って作ったシュシュ。手ぬぐい生地なので触り心地も抜群!洗濯もできちゃう!ブレスレット代わりにも!


マスキングテープ
メインビジュアルとロゴの2種1組。色々なところに貼って、日常に偽義経冥界歌を!


クリアファイル
A4サイズのクリアファイルは迫力満点!実際に使うだけでなく、飾っても素敵!


劇団☆新感線DVD&関連商品

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みの一環として、劇場ロビーでの公演物販の規模縮小に伴い、DVD&Blu-ray・関連書籍などの劇団☆新感線関連グッズの販売は中止いたします。

関連グッズは、 「イーオシバイドットコム」にて取り扱い中です。

/偽義経/【レポート文追加】記者会見開催!

写真左上から
いのうえひでのり(演出) 早乙女友貴 粟根まこと 三宅弘城 山内圭哉 中島かずき(作)
藤原さくら 中山優馬 生田斗真 りょう 橋本さとし

着々と稽古が進行中の1月下旬、都内にて『偽義経冥界歌』の記者会見が行われました。 登壇者は、脚本の中島かずきと演出のいのうえひでのりに加え、出演者からは生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくら、粟根まこと、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城、橋本さとしという面々です。 会場に『偽義経冥界歌』の劇中音楽が流れる中、中島、いのうえ、そして生田座長仕切りで誂えたお揃いの“鯉口シャツ”を纏ったキャストたちが登場。MCの伊藤さとりさんとのやりとり部分も含めつつ、各自の主なコメントをレポートします。

中島かずき(作)

『スサノオ~神の剣の物語』(02年)で生田くんがまだ高校生の時に出会ってから、いつか彼で新作を書き下ろしたいとずっと思っていました。でも結局のところ、おバカなキャラクターになってしまい、あいすまんと思ってはいますが、でもとても魅力的な役になったと思っております。 昨年の春公演は、自分が想像した以上に光に満ちた作品になっていました。これはキャストのみなさん、特に真ん中に立つ生田斗真くんの魅力による輝きだったと思いますが、本当に明るい、不思議な舞台でしたね。役者が板の上に立つことで、こういう明るさが生まれるんだと改めて実感しました。 今回の東京・博多公演のための台本は、プロデューサーから上演時間を短くするようにと厳命を受けたこともあり、いろいろなところをちょこちょこと切って短くしております。


いのうえひでのり(演出)
 

この作品は去年の春に大阪、金沢、松本で上演したものですが、その前の年まではずっと東京・豊洲のほうでぐるぐる回ることばかりやっていたものですから(笑)、いわゆるプロセニアム、普通の劇場で芝居をするのが3年ぶりくらいで。また中島脚本の、いのうえ歌舞伎の新作という意味では『蒼の乱』(14年)から5年半ぶりになるので、開幕するまでは正直ドキドキしていたんです。でも大阪で初日が開けてみたら、お客さんたちにとても喜んでいただきまして。金沢、松本でも新鮮なリアクションをいただくことができ、大変楽しい公演でした。 だけど気合がすごく入っていたせいか、ちょっと詰め込み過ぎた感もあり、結果的には劇団史上最も立ち回りが多い芝居になってしまいました。こんなはずではなかったんですけどね(笑)。斗真くんを含め、若手を中心にがんばって動いてもらう公演にするつもりで作り始め、それでステージを階段と斜めの八百屋舞台にしたのですが、後半になるとことのほか、うちの劇団員のおじいさんたちも走り回らなければならない展開になりまして。そんな事情も考えながら、今回用にいろいろと削りましたので、昨年より10分くらいは上演時間が短くなる予定です。さらに今回からはミヤケマン(三宅弘城)も参加しますし、前回の公演を踏まえてブラッシュアップしますのでクオリティもぐっと上がると思います。

生田斗真

2019年春公演では大阪、金沢、松本で上演してまいりました『偽義経冥界歌』ですが、本当にたくさんのお客様に喜んでいただけたなという実感を持ったまま、今日を迎えています。今回の令和版『偽義経』は、さらにクオリティを上げた状態でたくさんの方にご覧いただけるのではないかなと思っております。いのうえさんが作りたい劇団☆新感線であり、お客様が観たい劇団☆新感線のお芝居が出来上がっていますので、東京、そして博多に来られるみなさまには本当に楽しみにしていただきたいです。 まさに、いのうえ歌舞伎ならではのケレン味がありますし、ここでしか観られないスペクタクルな物語になっています。いのうえさんもおっしゃっていたようにステージが階段、斜めの舞台、階段、斜めの舞台、というふうになっているんです。ですから、お客様から見ると前に迫ってくるような形になるので、いつも以上に楽しんでいただけるはずですが、われわれのほうは常に斜めの体勢になるわけなんですね。これがかなり大変で、みんなでヒイヒイ言いながら、お互いに力を分け与え合いながらがんばっています。 ちなみに今日みんなで着ている鯉口シャツは、チームワークを上げる意味もありまして同じものを着たいなと思ったんです。それで実は、りょうさんのだんなさまである、BRAHMAN・TOSHI-LOWさまがグッズとして作っていた鯉口シャツがいいなと思い、TOSHI-LOWさんに「パクッていいですか?」と聞いて無事OKをいただき、作らせてもらいました(笑)。

りょう

昨年の公演では各劇場に合わせて立ち回りも少しずつ変えながら、その土地土地の空気を感じながら、新たな発見がありました。ですのできっと今年の公演でも、東京、博多で新しい発見が見つかるのではないかと、楽しみにしております。初めて観てくださる方も、昨年から続いて観てくださる方も、楽しめる作品になっていると思います。 生田さんは、本当に素晴らしい座長だと思います。いつも全体を見ていらして、稽古の時も「りょうさん、ここはこうやったらもっと面白いんじゃないか」とかそういったこともしっかり伝えてくださる、頼りになる座長です。そういう役を演じることが多いとは言われていますが、私は決してバカなんて言いません(笑)、とってもチャーミングなところこそが斗真くんの大きな魅力だと思っております。

中山優馬

昨年の公演はすごく楽しくて、終わってしまうのがさみしくて、もっとやりたい、もっとやりたいという感じでした。それもあって、今年はたくさんの公演数ができることが本当にうれしく、喜んでおります。 新感線には初めて参加させていただいたので、最初は正直ビビっていたんですけど。稽古場に入ると、いのうえさんを筆頭にみなさんでゲラゲラ笑いながら芝居を作っていく姿を見て、とても安心しました。みんなで面白いことを作り出す、アットホームな現場なので、毎日稽古場に行くのが楽しみなんです。斗真くんからも、気づいたところはいろいろアドバイスしていただいています。いい兄貴で、いい座長で、いい先輩です! 今も、ここに出て来る前にシャツを斗真くんがコロコロしてくれたので、こうしてきれいなシャツで出て来ることができました、ありがとうございます(笑)。


藤原さくら
 

初めての舞台で劇団☆新感線に参加させていただけることを、本当に光栄に思います。もともと、劇団☆新感線は大好きでよく観に行っていたんです。今回、出演のお話をいただいた時には、まさかその舞台に自分が?と思いましたが、みなさん本当に優しくて、初舞台の私を本当に温かく見守っていただいております。 私は大陸渡りの歌うたい、静歌という役を演じているのですが、前回の大阪、金沢、松本公演では歌わなかった新しい歌が増えたりして、今回はいろいろと新しい試みもあります。この作品自体、歌が物語の鍵になっているので、精一杯歌わせていただきたいと思っています。

粟根まこと

『偽義経冥界歌』は、いのうえも言っていた通りとても若い力に溢れている作品で、若い力に溢れすぎて立ち回りの手数が非常に多かったのですが。でも今年度版はそれをそぎ落としてシンプルになりましたので、その分、われわれ年かさ組も少しはラクにさせていただけております。 私は昨年に引き続き、正室の北条政子と側室のおかめの方の間で振り回されるという、情けない源頼朝を演じさせていただいています。実を言うと、昨年も今年も私は二手しか立ち回りがなくて。あとはただただ逃げ回るばかりの役ですので、今年も精一杯逃げ回らせていただきたいと思います。

山内圭哉

過去2年にわたって、豊洲のほうでぐるぐるぐるぐる回ってはった劇団☆新感線さんが、去年から久しぶりに通常営業になり懲役が明けたような解放感を持たれて(笑)、しかも大阪での初日開幕でしたからね。ウエルカムムードの中でお客さんにもかなり盛り上がっていただきまして、とてもいいスタートができた公演でした。今年は、シビアなお客さんも多い東京からの再スタートなので、また気を引き締めて稽古し直しているところでございます。 今回は、三宅さんが初めて参加されるんですが。僕らは一回やってることなので、稽古でもついつい置いてけぼりにしがちなんですよね。「なんで、でけへんねん?」みたいな(笑)。あと、三宅さんと僕はコンビの役なんですが、以前“加野屋”という職場でも一緒に働いた仲なので(連続テレビ小説『あさが来た』で山内と三宅は大番頭と中番頭役で出演)、僕がしっかり守っていきたいなと思っております。

早乙女友貴

昨年の公演では、『蒼の乱』以来、5年ぶりの劇団☆新感線でしたのですごく楽しかったのですが、やっぱり新感線って大変だなということも実感しました。新感線史上殺陣が一番多いといのうえさんもおっしゃっていましたが、僕は前回の29公演で7キロくらい体重が落ちまして、本当にガリッガリになってしまって。なんだか僕のほうが干殻火さん(今回インディ高橋が演じている役どころ)みたいでした(笑)。それが今回は68公演あるわけですから、大丈夫かなとも思いながら。でも最後まで楽しみつつ、エネルギーを出していきたいと思います。 斗真座長とは稽古に入る前に二人で殺陣を練習したりしていたこともあって、刀を合わせるのもとてもやりやすいです。本当に頼りになる座長だなと思っています。


三宅弘城
 

今まで新感線でやらせていただいた役はウツケ者とロボットしかなかったんですが、今回は初めて比較的まともな人間の役をやらせていただきます(笑)。武蔵坊弁慶役なので錫杖という長い武器を使った“長モノ”の立ち回りになるんですが、それも初めてですし。初めての赤坂ACTシアター、初めての博多座と、初めて尽くしの公演です。50歳を過ぎてここまで初めてのことに挑めるのもなかなかないと思うので、その幸せを噛みしめながらも経験者ばかりの中で、ひとり苦戦しております。 それにしても、まともな人間のセリフをしゃべるのってこんなに難しいんだなと。これまでにも、まともな役はやってきているんですけど、新感線ではだいぶズレている人の役をいつもやっていましたので、それが日常だったからか、なんだかすごく恥ずかしいんですよ。「おい、行くぞ」って、それくらいのセリフでも恥ずかしくてどういうトーンで言えばいいか分からなくて。ですから、あまり他では観たことのない武蔵坊弁慶になるかとは思いますね(笑)。

橋本さとし

劇団☆新感線をやるにあたって、僕の中でまずスイッチが入るのが何よりもロック魂なんですよ。ここには僕の大好きなものが、いっぱい詰まっているんです。ロック、バカでカッコイイ、笑い、そしてちょっとグッとくるところ。それらの要素が全部詰め込まれているのが、まさにこの『偽義経冥界歌』です。これぞ劇団☆新感線というものを、ぜひ観に来ていただきたいと思います。 また今回は、博多公演があるんですけれども。僕、今までいのうえさんから二回、本気の「死ね!」を言われたことがありまして、そのうちの一回が劇団☆新感線が博多初上陸の時で、出トチリをしてしまったんです。いのうえさんは当時まだ役者としても出ていて、僕を追いかけるシーンだったのに僕が出てこないから延々、舞台の上を「待ていッ」って言いながら走り回ることになってしまいまして。終演後、形相の変わったいのうえさんが僕の楽屋にバーンと入ってきて「おまえ、なんで出てこなかったんだよ」と言うので、僕は「スイマセン、劇場のケータリングの女の子としゃべってました!」と答えたら、「死ねェ~ッ!」と今まで聞いたこともないようなハイトーンボイスで本気の「死ね!」をいただいてしまいました。そんな思い出のある博多で今度こそ僕はリベンジしたいので、絶対に出トチリはせずに成長した姿をいのうえさんに見せたいなと思っています。 ちなみに二回目の本気の「死ね!」は、稽古前に橋本じゅんさんとウォーミングアップをしようと、関節技を決め合うスパーリングをやっていた時。じゅんさんにヒールホールドを決められて、でもギブアップするのは悔しいから我慢していたら、ミチッて音がして。その直後に僕が足を引きずりながら稽古場に入っていったら、いのうえさんに「おまえ、何してたんだよ」と聞かれたので「スイマセン、関節技を決め合ってました」と言ったら「死ねェ~ッ」って言われました(笑)。 まあ、ともかく。今回もこうしてみなさんと楽しく健康第一で、最高の舞台を東京、博多のみなさんにお届けしたいと思います!

そして会見の最後はやはり、生田座長の言葉で締めくくっていただきました。

生田 「今、ご覧になっていてもわかるように、記者さんを置いてけぼりにしてこっち側だけで盛り上がってしまうという、本当にアットホームな現場です(笑)。39年前に結成された劇団なんですが、僕ら客演のメンバーが入っても昔からずっと一緒にやっていたような空気を作ってくれる、本当に温かいみなさんばかりなので感謝しています。 東京公演そして博多公演、さとしさんがおっしゃっていたように健康第一でがんばりたいです。最後まで、どうかよろしくお願いします!」

さらにこの会見後には、生田、りょう、中山、藤原の4名による囲み会見も行われたので、そのやりとりもここで少しだけご紹介。

――――久しぶりの再会、ということになるんですか。

生田 「とはいえ、8カ月前なので意外とそんなにたってないかなと。稽古も“思い出し稽古”といって、今までやっていたことを思い出しながらやっているんですが、意外とみんなちゃんと覚えているので、身体も頭も冴えてるなという感じです。ここ右だっけ、左だっけ?みたいなことはありますけど、何となく身体に染み込んでいるものですね。」

中山 「いや、でもなかなか大変ですよ。僕は事前にシミュレーションをしてから稽古場に入ったりしているんですけど、いのうえさんの演出が今回から変わるところもありますしね。 りょう ちょっとずつ、変わりますからね。逆に、このちょっと変わるというのが難しいんです、以前の動きをついしちゃって「あ、違った!」ってなるので。でも、確実に面白くなっていると思います。」

生田 「立ち回りも観やすくなっているし、物語の流れもいい具合に繋がっているし。」

藤原 「新しい歌も増えたりしていますし。」

――――舞台で歌うというのは、藤原さんとしてはいかがでしたか。

藤原 「とても楽しかったです。歌によって物語がどんどん次のステージに進んでいくという感じになるので、今回も気を引き締めて歌わせていただいています。」

――――頼りになる先輩も多そうですし。

藤原 「みなさん本当に優しくしてくださいます。特に斗真さんは、自分の殺陣もあるのに私のアクションのところの居残り稽古にもいつも付き合ってくださって。本当に優しい座長です。」

――――生田さんは新感線の準劇団員と呼ばれているそうですが。

生田 「何回目から準劇団員になれるのかは、よく分からないんですけど(笑)。僕の場合は準劇団員とも言われますけど、親戚の子供がちょっと大きくなって帰ってきたみたいだと言われたりもするので、それもありがたいなと思っています。」

――――中山さんは今回初めて新感線と出会ったわけですが、いかがでしたか。

中山 「とにかく稽古場の雰囲気が明るいんですよ。それに最初はすごくビックリしました。歴史のある劇団なので緊張感が漂う現場なのかと覚悟していたら、緊張感はもちろんあるんですけど、本当にみんなが楽しそうに作っているので、それに感銘を受けたというか。」

――――生田さんとはこの作品が初共演でしたが、お兄さんぽいことはやってもらいましたか。

中山 「昨年は大阪、金沢、松本公演でしたので、各地でよく食事をご一緒させていただいたりしていました。もう、斗真くんはほとんど完璧なんです。ちょっとムカつくくらいに(笑)。」

――――何点くらいですか。

中山 「99点です。マイナス1点は、舞台用のお化粧が下手なので。」

一同 「(笑)。」

中山 「毎日多少、顔が違うんですよ。」

生田 「優馬は上手だからね。」

りょう 「そうそう、本当に上手よね。」

生田 「やっぱり慣れているからかな。優馬は料理も好きだし、手先が器用なんだよね。」

――――今回の稽古ではお弁当は持参されているんですか。

中山 「はい、持参はしているんですけど。隠れながら食べています。」

りょう 「えっ、私、見たことないです。」

生田 「この間、男子更衣室で壁に向かっておにぎりを食べていたね。」

藤原 「ええ?」

りょう 「更衣室で食べているの?」

中山 「いや、なんだかちょっと恥ずかしくなっちゃって。」

生田 「あいつ、自分で作ってきたぜみたいな空気がイヤなの?」

中山 「それはいいんですけど、それを人前で食べているということが無性に恥ずかしくなるんです。」

――――みなさんの分を作ったりはしないんですか。

中山 「いやいや、そんな僕なんかが。」

生田 「お願いしたいんですけどね。」

りょう 「したいよねえ。」

――――あと、ここが見せどころというのはどこでしょう。

生田 「優馬が歌う場面も、ちょっと増えたりするんだよね。」

中山 「はい。兄上と一緒に歌わせていただくところが。」

生田 「そうそう、あったりします。」

――――では最後に改めてメッセージをいただけますか。

生田 「東京公演と博多公演、長い公演になるんですけれども、お客様ひとりひとりのお力をお借りしながらがんばりたいと思っております。最後まで応援のほど、よろしくお願いします!」

いかにもカンパニーの仲の良さ、稽古場の温かい雰囲気がよく伝わる、笑い声に満ちた会見となりました。 ブラッシュアップされた、令和版『偽義経冥界歌』の開幕まで、あとわずか。冥界の扉が開く、その時を楽しみにお待ちください!

TEXT:田中里津子 撮影:田中亜紀

【公演情報】
東京・2020年2月15日(土)~3月24日(火)TBS赤坂ACTシアター
福岡・2020年4月4日(土)~28日(火)博多座
公演情報詳細は公式サイトにて!

/偽義経/【東京公演】12/15(日)チケット発売!

いよいよ12/15(日)に東京公演のチケット発売となります。

【東京公演】2020年2月15日(土)~3月24日(火) TBS赤坂ACTシアター


チケット販売窓口はこちらから


この機会を是非ご利用ください。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

東京公演情報は公式サイトにて!
よろしくお願いいたします。

◎お問い合わせ
サンライズプロモーション東京
TEL 0570-00-3337(12:00PM~6:00PM)

/偽義経/【東京公演】公式サイト特別先行(抽選)のお知らせ

『偽義経冥界歌』東京公演の公式サイト特別先行(抽選)が決定しました!

受付日時:11/29(金)11:00AM~12/3(火)11:00AM
※インターネットでの抽選受付です。受付期間内にお申込み下さい。
受付券種:S席¥13,800 A席¥10,500(全席指定・税込)
枚数制限:お一人様4枚まで

受 付 は こ ち ら か ら


東京公演情報は公式サイトにて!

◎お問い合わせ
サンライズプロモーション東京
TEL 0570-00-3337(12:00PM~6:00PM)

/偽義経/2020年東京・福岡公演詳細決定!

お待たせいたしました! 2019年春に大阪、金沢、松本公演で好評を博した『偽義経冥界歌』の2020年上演の東京・福岡公演の詳細が決定しました。 詳細は公式サイトをご覧ください。

ごあいさつはこちら

【東京公演】2020年2月15日(土)~3月24日(火) TBS赤坂ACTシアター
※2019年12月15日(日) チケット発売

【福岡公演】2020年4月4日(土)~28日(火) 博多座
※2020年2月8日(土) チケット発売

公演情報はこちら

/偽義経/【松本公演】当日券販売のご案内

【松本公演】当日券販売のご案内です。

◎販売方法

【1】電話予約による受付

各公演日前日の正午(12:00)より、先着にて電話予約を受付いたします。
受付席種・枚数は日によって異なり、事前の受付席種案内はございません。また、お席の場所はお客様ではお選びいただけませんので、予めご了承ください。
受付席種は、S席・A席・B席・バルコニーS席・バルコニーA席・バルコニーB席のいずれかになります。
チケット料金は前売り料金と同額です。
お一人様1通話につき2枚までとなります。
予定枚数に達し次第、受付は終了となります。ご了承ください。
お引き取り方法は、お申し込み公演の開場時間1時間前から30分前まで、会場の当日券売場にて当日精算(現金精算のみ)となります。 
時間内にお引き取りにならないものは、キャンセルとなりますのでご注意ください。

当日券予約受付先 サンライズプロモーション北陸
TEL (新潟)025-246-3939 (12:00〜18:00)



【2】公演会場・窓口での販売

各公演の開場時間30分前から当日券売場にて販売したします。
販売席種・枚数は公演によって異なり、事前の受付席種案内はございません。当日窓口にてご確認ください。
予定枚数に達し次第、終了となります。ご了承ください。
現金のみの取り扱いとなります。
お席の場所はお客様ではお選び頂けませんので、予めご了承ください。


松本公演情報は公式サイトにて!

お問合せ
サンライズプロモーション北陸
TEL (新潟)025-246-3939 (12:00-18:00 )

/偽義経/ 【金沢公演】当日券販売のご案内

【金沢公演】当日券販売のご案内です。

◎販売方法

【1】電話予約による受付

各公演日前日の正午(12:00)より、先着にて電話予約を受付いたします。
受付席種・枚数は日によって異なり、事前の受付席種案内はございません。また、お席の場所はお客様ではお選びいただけませんので、予めご了承ください。
受付席種は、S席・A席のいずれかになります。
チケット料金は前売り料金と同額です。
お一人様1通話につき2枚までとなります。
予定枚数に達し次第、受付は終了となります。ご了承ください。
お引き取り方法は、お申し込み公演の開場時間1時間前から30分前まで、会場の当日券売場にて当日精算(現金精算のみ)となります。 
時間内にお引き取りにならないものは、キャンセルとなりますのでご注意ください。

当日券予約受付先 サンライズプロモーション北陸
TEL (新潟)025-246-3939 (12:00〜18:00)



【2】公演会場・窓口での販売

各公演の開場時間30分前から当日券売場にて販売したします。
販売席種・枚数は公演によって異なり、事前の受付席種案内はございません。当日窓口にてご確認ください。
予定枚数に達し次第、終了となります。ご了承ください。
現金のみの取り扱いとなります。
お席の場所はお客様ではお選び頂けませんので、予めご了承ください。


金沢公演情報は公式サイトにて!

お問合せ
サンライズプロモーション北陸
TEL (新潟)025-246-3939 (12:00-18:00 )